丸岡いずみ うつ 再発 原因 心屋仁之助 魔法の言葉

ガイアのニュース

芸能、アイドル、スポーツ、政治などの最新情報を画像付きで紹介します。

丸岡いずみ、うつの原因は?うつ再発?心屋仁之助が魔法の言葉を処方!

これぐらいで読めるよ:約 4分

 

[`buzzurl` not found]
[`newsing` not found]
[`choix` not found]
Delicious にシェア
GREE にシェア

うつを克服した丸岡いずみさん。
しかし、うつの再発率は60%だそうです。
カウンセラー心屋仁之助さんが魔法の言葉を処方します。

おすすめ

うつの再発を恐れる丸岡いずみさん

 

『解決ナイナイアンサー』に出演した丸岡いずみさん。
うつの再発が怖いと心屋仁之助さんに相談します。

心屋さん曰く。
「僕らはお医者さんじゃないのでうつを病気として取り上げてなくてブレーカーが落ちたと考えているんです」

 

「ブレーカーが落ちないと火事になるから、
ブレーカーが落ちてくれたと考えるんですよ」

医者ってけっこういらんことを言いますよね。
うそでも「~に注意すれば大丈夫ですよ」って言えばいいのに。

再発したら責任問われると思って悪い話に偏る傾向があります。

 

心屋仁之助さんが説くうつの原因

心屋仁之助

 

心屋仁之助さん曰く。

「うつの原因は頑張り過ぎと我慢のし過ぎ」

「自分ががんばれば・・・。」

「自分が何とかしなければ」

「何もかも自分1人で背負い込む」

 

心屋さんが丸岡さんに質問します。

「何でそんなに抱え込んできたんだと思います?」

丸岡:周りの期待に添いたい。

心屋:誰の期待に一番応えたかった?

丸岡:一番は・・・。両親ですかね。

心屋:どんな期待されてました?

丸岡:勝手な自分の思い込みなんですけど(略)

丸岡いずみのお母さんなんだねすごいよねって言われることに快感を覚えていると思っていた。

 

<<母にとって自慢の娘でありたい>>

 

心屋:親の法律で自分を見はっている自分からの卒業、
これを自立という。

もしかしたらお母さんのようになろうと頑張っていたのでは?
(中略)
お母さんを意識した人生を想像したんで・・・。

丸岡:そうですね。

 

丸岡いずみさんの自立を促す魔法の言葉

 

「私はもう人に迷惑をかけてもいい」
「人を困らせてもいい」
「お父さんお母さんの期待に応えなくてもいい」
「私は母を超えてもいい」
「私は母のように幸せにならなくてもいい」

 

 

このあたりで丸岡さんは

「今まで味わったことのない気分」

「ダメでいいじゃん!と思える」
と心境が変化。

 

その後も心屋さんの魔法の言葉は続く・・・。

「お母さんにがっかりされてもいい」
「またうつに戻ってもいい」
「またあの苦しい思いをしてもいい」

 

「うつに戻らない為の一番簡単な魔法の言葉が

またうつになってもいいや」
再発したらどうしよう、どうしようと思っていると結果的にうつのことばかり考えることになるんですね。

 

だから「うつになってもいいや」と笑っていう。

 自宅でできるうつ病改善トレーニング

 

丸岡いずみさん前半はこちら



 

[`buzzurl` not found]
[`newsing` not found]
[`choix` not found]
Delicious にシェア
GREE にシェア

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
このブログの人気記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報

无觅相关文章插件,快速提升流量