丸岡いずみ うつ 原因

ガイアのニュース

芸能、アイドル、スポーツ、政治などの最新情報を画像付きで紹介します。

丸岡いずみテレビから消えたのはうつだった、その原因は?一線を超えた瞬間は?【ナイナイアンサー】

これぐらいで読めるよ:約 4分

 

[`buzzurl` not found]
[`newsing` not found]
[`choix` not found]
Delicious にシェア
GREE にシェア

奇跡の38才といわれた美貌の丸岡いずみさんが突然テレビから消えた原因が『解決ナイナイアンサー』で放送されました。

 

復帰した丸岡いずみさんの現在の悩みを心屋仁之助さんが解決します。

 

おすすめ

丸岡いずみさんがテレビから消えたのはうつだった!

 

2010年3月29日 - 『news every.』のメインキャスターに就任した丸岡いずみさん。

成功を手に入れたかに見えたこの頃から地獄の苦しみへと向かっていく。

 

その美貌から『奇跡の38歳』と人気が出ると、

仕事意外でもマスコミのカメラマンに追いかけられる日々が続いた。

 

しかし、『news every.』の視聴率が伸び悩み、

マスコミの丸岡さんに対する批判が始まりました。

 

責任感の強い丸岡さんは、

「全部自分のの責任だ」と自分を追い詰めていきます。

 

そして、あの東日本大震災が起きます。

 

丸岡いずみさんは震災翌日から現地に入り取材をしたそうです。

あまりの惨状に「絶句」。

 

その後、全く眠れない、食欲がないなどのうつの症状が出始めますが「うつは心の弱い人がなる病気」との偏見から丸岡さんは自分がうつであることを認めず頑張ります。

 

丸岡いずみさんうつで「お母さんが私にヒ素を盛った」と被害妄想

 

「うつは弱い人間がなるもの」

との偏見を持った丸岡さんはうつ症状が出ていても認めず仕事を続けますがある日一線を超えたのがわかったそうです。

 

それは、2011年8月29日。

野田政権が誕生した選挙のあった日のこと。

 

選挙事務所に取材に出ている丸岡さんは、真夏にもかかわらずあまりの寒さにカイロを貼っていたそうです。

 

「山」や「川」といった小学生でも読めるような漢字が「読めなくなるのでは」という不安に襲われフリガナをふらずにはいられないような精神状態にまで陥ります。

 

そしてついに上司に、

「もうダメです。お休みを下さい」

と告げて休みをとり実家へ帰ります。

 

 丸岡いずみさん、うつで自殺未遂、入院、被害妄想との戦い

 

実家に帰った丸岡さんの症状はますます酷くなったそうです。

 

首を括ろうとしたり、

夜ふら~っと玄関から出ていきそうになるのを止めるために

お母さんは玄関近くの部屋のこたつで見張りながら寝ていたそうです。

 

そんなある日、お母さんが

倒れて脚をばたつかせながら口をパクパクさせている

丸岡さんを見つけて病院に連れて行きます。

 

そのまま入院。

 

辻付き合っていた後の夫となる有村昆さんも

この時は2ヶ月ほど連絡がとれなかったそうです。

 

入院しても当初は薬を飲むのを拒否。

そのため症状が悪化。

 

ついに、

「お母さんが私にヒ素を盛って殺そうとしている」

という妄想まで抱くようになったそうです。

 

さすがに薬を飲まざるを得なくなり回復へと向かいます。

 

長くなったので続きは次のに書きます。

 



 

[`buzzurl` not found]
[`newsing` not found]
[`choix` not found]
Delicious にシェア
GREE にシェア

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
このブログの人気記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報

无觅相关文章插件,快速提升流量